睡眠時の歯ぎしり

自覚症状が少ない睡眠時の「歯ぎしり」。しかしこれを放っておくと、歯がすり減り、結果的に知覚過敏や虫歯などを引き起こすことがあります。歯ぎしりをする人にとって最も効果的な治療方法はマウスピースですが、「寝る時はリッラクスするんだ」と自分に言い聞かせて寝るようにすると、寝ている間の歯ぎしりを軽減できるともいわれています。とはいえ、歯ぎしりは歯のダメージだけでなく、肩こりや頭痛、睡眠障害など様々な影響を及ぼしますので、気軽にご相談ください。
当院でも一人ひとりに合ったマウスピースの制作など、歯ぎしりについてのカウンセリングを行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA