口腔外科 のう胞の治療例

口腔外科の治療事例

のう胞【舌下面粘液のう胞(Blandin-Nuhnのう胞)】No.N-01

治療前

 府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例【舌下面粘液のう胞(Blandin-Nuhnのう胞)】術前

治療後

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例【舌下面粘液のう胞(Blandin-Nuhnのう胞)】治療後

1週間後 抜糸時

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例【舌下面粘液のう胞(Blandin-Nuhnのう胞)】1週間後 抜糸時

治療内容

舌先のふくらみの精査のため来院された患者さまです。 前舌腺(Blandin-Nuhn腺)由来の粘液のう胞と診断しました。 治療は舌尖部の小唾液腺を含めて切除しました。 病理検査で粘液のう胞との結果でした。

のう胞【右下唇粘液のう胞】No.N-02

治療前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例【右下唇粘液のう胞】術前

治療2週間後

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例【右下唇粘液のう胞】術後

治療内容

1ヶ月前から右下唇に腫瘤を自覚して来院された患者さまです。 粘液のう胞との診断で周囲の小唾液腺を含む切除を行いました。 病理検査で粘液のう胞との報告でした。

のう胞【右下唇粘液のう胞】No.N-03

治療前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例【右下唇粘液のう胞】術前

治療後

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例【右下唇粘液のう胞】治療後

1週間後 抜糸時

府中市の歯医者 口腔外科専門医 口腔外科専門医 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例【右下唇粘液のう胞】1週間後 抜糸時

治療内容

右下くちびるの腫瘤の治療のため、来院されました。 粘液のう胞(小唾液腺の導管部が破たんして、組織内に唾液をためる袋を作ったもの)と思われました。
治療は粘膜下の小唾液腺を含む切除を行いました。病理検査で粘液のう胞との結果でした。 術後、傷あとも目立たず、順調に治癒してい

ます。

のう胞【歯根のう胞(右上2)】No.N-04

治療前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 歯根のう胞

治療前レントゲン写真

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 歯根のう胞

治療後

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例  歯根のう胞

抜糸後

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 歯根のう胞

治療内容

根の先に大きな病巣があり、歯の根の先を含めて除去する外科的治療(歯根端切除術)を希望されました。術後再発もなく、経過良好です。

のう胞【下唇粘液のう胞】No.N-05

術前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

術後(摘出術3週後)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

治療内容

19歳男性
右下唇の腫瘤を主訴に来院されました。 摘出術を行い、病理検査でMucous Cyst(粘液のう胞)との結果でした。

のう胞【下唇粘液のう胞(正中、左側)】No.N-06

術前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

術後(摘出術3週後)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

治療内容

11歳女児
下唇の真ん中と左側の水泡様病変を主訴に来院されました。2か所同時に摘出術を行い、病理検査でMucous Cyst(粘液のう胞)との結果でした。

のう胞【下口唇粘液のう胞】No.N-07

術前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

術後(摘出術3週後)


治療内容

左下唇に直径6mm大の水疱様の腫瘤ができたと当医院に来院。病変を紡錘形に切り取って縫合しました。術後1週間で傷は綺麗に治りすっきりとしました。

のう胞【下顎前歯舌側唾液腺のう胞】No.N-08

術前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下顎前歯舌側唾液腺のう胞

術後(摘出術3週後)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下顎前歯舌側唾液腺のう胞

治療内容

40代男性
右舌下小丘付近の水ぶくれ様の腫瘤を主訴に来院されました。摘出術を行い、病理検査でMucous Cyst(粘液のう胞)との結果でした。

のう胞【下唇粘液のう胞】No.N-09

術前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

術後(摘出術3週後)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

治療内容

50代男性
左下唇の腫瘤を主訴に来院されました。摘出術を行い、病理検査でMucous Cyst(粘液のう胞)との結果でした。

のう胞【下唇粘液のう胞】No.N-10

術前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

術後(摘出術3週後)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

治療内容

50代男性
左下唇の腫瘤を主訴に来院されました。摘出術を行い、病理検査でMucous Cyst(粘液のう胞)との結果でした。

のう胞【下唇粘液のう胞】No.N-11

術前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

術後(摘出術3週後)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

治療内容

10歳男児
右下唇の腫瘤を主訴に来院されました。何度かつぶれては再発を繰り返しているとのことでした。摘出術を行い、病理検査でMucous Cyst(粘液のう胞)との結果でした。

のう胞【左下顎歯原性のう胞(開窓療法)】No.N-12

術前(埋伏歯を中心に類円形の透過像)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 左下顎歯原性のう胞

治療後(埋伏歯の抜歯と開窓療法を行ったところ)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 左下顎歯原性のう胞

病変が
大幅に縮小

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 左下顎歯原性のう胞

治療内容

30代男性
左下顎骨病変の精査を希望して来院されました。初診時のパントモエックス線写真で30㎜大の類の透過像(下歯槽神経にも広範囲に近接している)を認め、患者さまと相談の上、開窓療法を選択しました。 左下親知らずの抜歯と合わせて、病変の一部を採取して病理検査行い、左下7の後方に管を留置して、病変の縮小化を行いました。 病理検査ではDentigerous Cyst(歯原性のう胞)との診断でした。約1年後に6㎜大に縮小したため、残りの病変を摘出しました。 神経麻痺などの後遺障害もなく経過しています。

のう胞【下唇粘液のう胞】No.N-13

術前(15×10㎜大の水泡様病変)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

術後(摘出術3週後)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

治療内容

20代女性
左下唇の腫瘤を主訴に来院されました。摘出術を行い、病理検査でMucous Cyst(粘液のう胞)との結果でした。

のう胞【下唇粘液のう胞】No.N-14

術前(15×10㎜大の水泡様病変)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

術後(摘出術3週後)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

治療内容

40代男性
左側下唇の腫瘤を主訴に来院されました。摘出術を行い、病理検査でMucous Cyst(粘液のう胞)との結果でした。

のう胞【下唇粘液のう胞】No.N-15

術前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

術後(摘出術3週後)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

治療内容

6歳男児
左側下唇の腫瘤を主訴に来院されました。摘出術を行い、病理検査でMucous Cyst(粘液のう胞)との結果でした。頑張って治療を受けてくれました。

のう胞【下唇粘液のう胞】No.N-16

術前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

術後(摘出術3週後)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

治療内容

40代男性
右下唇の腫瘤を主訴に来院されました。摘出術を行い、病理検査でMucous Cyst(粘液のう胞)との結果でした。

のう胞【下唇粘液のう胞】No.N-17

術前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

術後(摘出術3週後)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

治療内容

30代男性
右下唇の腫瘤を主訴に来院されました。摘出術を行い、病理検査でMucous Cyst(粘液のう胞)との結果でした。

のう胞【下唇粘液のう胞】No.N-18

術前

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

術後(摘出術3週後)

府中市の歯医者 口腔外科専門医 武田歯科の口腔外科事例 下唇粘液のう胞

治療内容

16歳女性
左下唇の腫瘤を主訴に来院されました。摘出術を行い、病理検査でMucous Cyst(粘液のう胞)との結果でした。