「痛くて行く」場所から、「痛くしないために行く」場所へ

多くの人にとって、歯科医院は「痛み」などのトラブルが生じてから通う場所です。しかし、本当に「やさしい診療」は、「痛くしない」(トラブルを起こさない)ために、患者さまの口腔環境を健康に保つことで実現すると私たちは考えています。
多くの方は、虫歯や歯槽膿漏などで、腫れや痛みが起きてしまったり、詰め物やかぶせ物が取れてしまったり、トラブルが起き、症状が我慢できないくらいに進行してから、歯科の治療を受けられるのではないでしょうか。
他の病気と同じように、歯科でも「早期発見・早期治療」が重要。早期であれば、小さな治療で治り、大切な歯を大きく削ったりする必要もありません。トラブル予防は、最終的にご自分の歯を長持ちさせることになり、全身の健康にも影響します。
歯や口腔の健康は、健やかな毎日の基本です。トラブルを解決するのはもちろんのことですが、「もっと美味しく食事がしたい」、「笑顔に自信を持ちたい」など、患者さまの「希望」や「願い」を叶える方法もいっしょに考えて行ける医院でありたいと思っています。 なんでもお気軽にご相談ください。