歯ぎしりは歯の寿命が縮ま

睡眠時の歯ぎしりは、なかなか本人にはわからないもの。周りの人に「ギリギリ」と音がすると指摘され、初めて気づく人もいるようです。 さらにやっかいなのは、音がしない食いしばりタイプの歯ぎしり。知らない間に相当の負荷が歯にかかり、歯だけではなくや身体に悪影響を与えていることがあります。 朝起きた時に顎がだるかったり、歯がすり減っていたりヒビが入っていたり、頬の内側や舌に歯型がついている。頭痛や肩こりがひどい、などの症状がある方は、歯ぎしりをしているの可能性が考えられます。 当院では予防のためにマウスピースを作ったり、カウンセリングも行っていますので、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA