妊娠中は歯が弱くなる?

「妊娠中、赤ちゃんに栄養を取られて歯がボロボロになった。」さて、これは本当にある事なんでしょうか?こたえは「NO」。 妊婦さんに口腔内トラブルが多くなるのは、妊婦さん特有の体調の変化が原因です。 妊娠中分泌が多くなる女性ホルモン「エストロゲン」。このエストロゲンを好む細菌が口腔内で増殖することで、妊婦のお口にトラブルを引き起こします。 また、妊娠中はつわりのせいで、匂いに敏感になり、食生活が不規則になりがち。歯磨きなどの口腔ケアが億劫になることも影響しています。そのうえ、妊娠中は唾液の分泌量も低下しますので、悪条件が揃い、歯周病や虫歯などになりやすく悪化もしやすくなってしまいます。 妊娠初期はつわりなどで歯科治療が難しいと思いますが、安定期に入ったら是非一度検診にいらしてください。その際必ず「妊娠中です」と医師にお伝えください。 妊婦さんでも安心して治療を受けられるよう対応させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA