インフルエンザと口腔ケア

毎年冬の時期に大流行となるインフルエンザですが、できることならかかりたくないものですね。今回は少し早いですが、インフルエンザ予防と口腔ケアの関係についてお話しします。 歯垢、歯石、舌苔(舌に白い苔が生えているようなもの)からは、口やのどの粘膜を保護しているたんぱく質を破壊する酵素が発生されています。と言うことは、口の中が汚れていると、体内にウイルスが入りやすく、インフルエンザウィルスにかかりやすい状態である、と言うことです。 マスクをして、手洗いうがいを徹底していても、お口の中が汚れていたら台なしです。インフルエンザが流行する前に、歯科医院でのお口のクリーニングと普段からの丁寧な口腔ケアを、インフルエンザ予防策としておススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA