「虫歯、歯周病の予防大国」スウェーデン

虫歯・歯周病予防大国と言われるスウェーデン。日本と比べると歯周病の患者数は4分の1、小児の虫歯は10分の1ほどしかないそうです。これは「虫歯は予防するもの」と言う意識の差と言えると思います。 スウェーデンでは国民の健康のため、1970年代から「むし歯、歯周病の予防」のための歯科受診を義務付け、20歳未満は虫歯の検査・治療を無料にするなど国をあげたさまざまな取組が行われてきました。そしてその成果が「 虫歯・歯周病予防大国スウェーデン」へとつながるのです。 一方日本では「歯は歳と共にもろくなる」という考えが一般的で、 老化現象で歯を失ってしまうのはやむを得ないと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし「むし歯、歯周病予防」にきちんと取り組むことで、歳をとっても歯が残せることをスウェーデン政府の取り組みが証明しています。 歯の健康は生活の質、自分の体の健康にかかわってきます。歯のケアについて、意識を高く持って歯を健康に保ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA