知覚過敏

冷たい物や、甘い物、また風にあたった時などに歯の痛みを感じることはありませんか?思い当たるその痛みは「知覚過敏」です。 主な原因は、歯ぐきが下がってきたり、歯が欠けたりすることで、正常ならエナメル質で覆われている象牙質がむき出しになってしまうこと。その象牙質が刺激を受けると神経に伝わり、瞬間的に痛みを感じます。 また、象牙質はとても柔らかい組織なので、歯磨きの摩擦で削れてしまい、症状が進行してしまいます。 知覚過敏を発症しても、正しい口腔ケアと食生活を少し変えるだけで予防できることもあります。 冷たいものがおいしい季節、歯の違和感を感じる方はご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA