女性ホルモンと口腔ケア

女性ホルモンの分泌が減少し、心身にさまざまな不調が表れる更年期。口腔内でも唾液の減少などの変化が見られ、いろいろな症状が表れるとされています。 よく知られているところでは、口臭や歯周病。知覚過敏や味覚障害を訴える方もいらっしゃいます。 また、骨密度の低下により歯を支える骨がもろくなり、歯が抜けやすくなるとも言われています。 いつまでも健康なお口を保つために、丁寧なセルフケアはもちろんのこと、食生活の見直し(カルシウムと合わせて、ビタミンK、Dを積極的に摂る)や、よく噛んで食べること、歯科医での定期健診をおすすめします。
何かご心配なことがある方はお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA