口呼吸について

生後5ヶ月までの赤ちゃんは鼻で呼吸をしてますが、離乳食や言葉の発達に伴い、徐々に口呼吸に変わってしまうことがあります。口呼吸は、口の中が常に乾いた状態であるために、唾液による自浄作用も働かなくなり、虫歯や顎の発達にも影響し歯並びが乱れる原因にもなります。またお子さんに限らず、口呼吸は歯周病や口元の弛みなど、歯の健康や美容面においても影響を及ぼします。
筋力を向上させ口呼吸を改善する「パタカラ」という医療用器具もございますので、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA