世代別歯科予防特集-乳幼児編-

口内環境は、世代によって起こりやすいトラブルや治療のポイントが異なります。今月は小学校にあがるくらいまでのお子さまの予防方法をお伝えいたします。

小さな乳歯が抜けると嬉しそうに見せてくれる子供たち。自分で成長を感じる貴重な体験ですね。抜けた後、歯ぐきの下で準備していた永久歯が生えてきます。生えたての永久歯は乳歯同様にエナメル質が弱く虫歯になりやすいです。むし歯にならないよう、朝と夜の1日2回は最低磨くようにしましょう。
磨く時は歯ブラシを進める順番を決め、鏡を見ながら歯磨きをすると良いでしょう。
最後の仕上げ磨きはお家の方がしっかりと磨いてください。ご家庭では、糸ようじやデンタルフロスを使って、むし歯になりやすい歯の間の汚れも取り除いてあげましょう。

当院では小児予防歯科としてフッ素塗布で歯を強くし、小さな凸凹がある複雑な形状の歯にはシーラントをお勧めしています。お気軽にご相談ください。