虫歯になりやすい年齢

子供の歯は虫歯になりやすいもですが、大人も要注意です。年代によって口腔内トラブルは様々ですが、むし歯になりやすい原因を年代別でご紹介します。
■1歳強…乳歯が生えてくる頃。この時期は食事の世話をする大人と食具(お箸やスプーン)を共有することが多く、虫歯菌をもらいやすい時期と言えます。
■6~7歳…永久歯が生え始める頃。大人に仕上げ磨きをしてもらうのもそろそろ卒業する時期です。子どもの歯磨きだけではブラシが行き届かず、口腔内に汚れが残り虫歯になりやすくなります。
■18歳…親知らずが生えてくる頃。奥歯のさらに奥に生える親知らずは、丁寧に磨いているつもりでもトラブルが起きやすく注意が必要です。
■18歳以降は、子育てや、仕事が多忙で歯医者さんへなかなか行けない40代でしょうか。70代以降になりますと加齢による唾液の減少、免疫力が下がり、口内の細菌が繁殖しやすくなります。
定期的な歯科検診で初期虫歯の発見がとても大事です。是非歯科検診へお越しください。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA